2011年02月23日

腰痛対策、上手な椅子の座り方 腰痛クッション

腰痛治療

腰痛対策、上手な椅子の座り方

座布団やタオルを丸めて腰に当て
バックサポートとするのも効果的です。

座布団はちょっと固めや柔らかめ、厚めがいいとか
クッションにした方がいいなど、若干個人差がありますので
ご自分に合ったものを見つけて使用して下さい。

イスの高さですが、
膝関節が股関節よりもやや高くなるように椅子を調整して下さい。

イスが調整できずに高すぎるという方は、
足の下に台を置いた方が腰への負担が軽くなります。

あと、腰痛の方が避けた方がいいイスもあります。

・柔らかすぎるソファー

・極端に低いイス


これらのイスは、出来る限り避けて下さい。

しかし、どんな椅子や座位、場所だとしても
一番大切な事は、長時間の座位は避けることです!

自動車の運転でも最低1〜2時間に1度くらいは休憩しましょうね。
そして腰の屈伸運動などを行うようにして下さい。

腰痛予防・改善・対策


腰痛クッション

これは名前の通り、腰痛の時に利用する
腰を上手くサポートするためのクッションのこと。

・腰痛の人には腰痛対策として

・腰痛ではない人も腰痛の予防になります


特にパソコンが普及している現代社会では
長時間座りっぱなしで画面を見続けるという人が多いはずですよね。

例え今腰痛の症状がない人でも、そのような状況では腰に負担がかなりかかっていますし、いずれ腰痛になってしまうでしょう・・・

最近は病院・整体など、いろいろな場で腰痛クッションが勧められることが多くなりましたね。

それだけこの腰痛クッションの効果が証明され、腰痛対策や予防に選ばれているという事なんですね。

腰痛クッションは様々なタイプがありますが、
どのクッションも腰の生理曲線を座りながら維持できるという点では同じです。

値段も何千円から何万円までと、まちまちにありますので
財布の中身と相談しながらお選びになられるといいかと思いますよ。

最近、評判の良い腰痛解消・対策法は「中川先生」の腰痛改善メソッドですね。
プロが取り入れている事からも分かりますよね。




>>>腰痛改善はこちらから



















いい整形外科か見分ける方法

頚椎症・腰痛予防・改善・対策


いい整形外科か見分ける方法

整形外科へ行かれた方は、似たような経験がありませんか?

・ある病院では、ヘルニアだから手術を勧められた

・違う病院に行くと問題ないと言われた

痛みの種類は皆さん違ったとしても、
整形外科によって、診断があまりにもバラバラすぎたという経験があると言う方は多いんじゃないかと思います。

しかもお医者さんの言うことがいい加減だったり
入院しても長期間改善されなかったりして、不信感を持たれてる人はいませんか?

最低でも初診の際、症状と原因について的確な説明や判断ができ
通院の際にも掛かり付けの担当医がいつも変わらないことくらいでしょうか。
あとは機械に頼るだけでなく、直接手でも診断できるような
長年の経験を感じさせられるお医者さんでしょうか。

まあむずかしいですね。
名医といい整形外科を探すのは・・・
本当はいいお医者さんは多いんですよ。

ただ ”いいお医者さん=短期間で改善できる” ではないので
お金も時間も必要になるというのが現実です。

もし、病院に行く時間や大幅に節約をしたいのであれば、
下記の方法が助けになるかもしれませんよ。

両方ともプロも勧める、いま最も優良な改善メソッドです。

首の悩みは・・・

>>>頚椎症改善はこちらから


腰の悩みは・・・

>>>腰痛改善はこちらから



腰痛予防・改善・対策 整体の腰痛改善効果

腰痛予防・改善・対策

整体の腰痛改善効果

腰痛になると、どんな種類の腰痛だとしても

「腰痛=整体はいい」と誤解される方もおられますが

実はすべての腰痛が整体でいいと言うわけではありません。

・ただの腰痛

・ぎっくり腰

・寝違い

・首や背中の痛み

・坐骨神経痛

などは、一般的な整体でも改善できますが、

・脊椎分離症

・すべり症

・椎間板ヘルニア

などは、経験と実績の豊富な整体にしましょう。

注意点として、整体後は一時的に効果を実感できるために治ったと誤解してしまい
通わなくなる人も多いです。

まあこれは費用的な問題が理由という人もおられますが・・・

ただ、整体は身体の歪みによって眠てしまった体の自然治癒力を目覚めさせることができます。
基本はあなたの正しい日常生活の姿勢です。

使えるものは有効に利用して下さい。




>>>腰痛改善はこちらから














ラベル:整体 腰痛 改善
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。