2011年12月07日

治療法と予防法 ストレートネック 【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】改善プログラム

ストレートネック・頚椎ヘルニア・頚椎症を根本から改善・解消するプログラムです。
柔道整復師、徳永英光先生は今まで9万人以上の施術実績を持ち、その集大成です。

柔道整復.jpg

>>>詳細を先にみる



○ストレートネックの治療法と予防法


ストレートネックの治療は、基本的に手術を用いない、
保存療法を基本に治療をおこなっていきます。

慢性的な姿勢が大きな原因としての要素を占める障害ですから、まずは

●環境

●生活習慣


この見直しが治療開始の最重要項目となります。
これは、根本を解決しない限り、どのような治療を行っても、再発の危険性がぬぐえない為です。

実際、ストレートネックを発症した方は、半数以上が再発を経験します。

具体的には、デスクワークをする方の場合は、

●一定時間おきにストレッチを行う
●パソコンの画面を視線の高さに合わせる


などを行い、負担のかかる前かがみの姿勢が続かないような環境を整備していく事が予防法の要点になってきます。

>>>ストレートネックの根本原因を解決する

>>>詳細はこちらから











posted by 治る at 10:43| ストレートネック改善体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

ストレートネック改善体操

頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックを原因から改善・解消するプログラムです。
柔道整復師の名医、徳永英光先生の今まで9万人以上の施術実績の集大成。
慢性的な【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】根本原因改善プログラム
柔道整復.jpg

>>>詳細を先にみる



■ストレートネック改善の体操
ストレートネックは体操で改善出来るのですね。

ストレートネックを改善するには、実は首の骨(頚椎)だけでなく、
その下の背骨(胸椎)へのアプローチが必要になります。

もう少し詳しく説明しますと、
人間の背骨は上から頚椎(7個)胸椎(12個)腰椎(5個)が並んでいます。

ストレートネックとは首の骨(頚椎)の状態を表す言葉なので、
どうしても頚椎にアプローチしたくなりますが、問題は頚椎の下にある胸椎、
特に胸椎の上半分(上部胸椎)の柔軟性がポイントになります。

上部胸椎の場所はどこかというと、
背中から見て左右の肩甲骨(けんこうこつ)の間の背骨と思ってもらえばよいと思います。


    上部胸椎の運動


kyoutui1.jpg

1 肘を曲げて、肩に手を置きます。

2 左右の肘を前に向けながら、背中を丸めます。

3 左右の肘を外に開き胸を広げます。

4 あごを軽く反らし、斜め上を見上げます。
       
5 この2つを動作を3回繰り返します。

ポイントとして

・背中を丸める時は自分のおへそを見るように行う。

・伸ばす時は背骨をまっすぐ起こすことを意識する。

・動かす時は息を吐きながら行う。 


これを毎日行うと、ストレートネックやそれによって引き起こされている症状が改善すると思います。

仕事や育児で忙しく、なかなか通院出来ない方のために
「ストレートネック・頚椎ヘルニア・頚椎症を自分で治すプログラム」
という内容の充実したDVDもあります。

慢性的な肩こりや頭痛・頚椎の治療をされている方にも特にお勧めです。


>>>詳細はこちらから















posted by 治る at 13:53| ストレートネック改善体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。